エルのビザ申請。
旅から帰って来たらやらなきゃやらなきゃ・・・と思っていたビザ申請。
ようやく、重い腰を上げて取り掛かりました。
といっても、私達ができることはわずか・・・日本の両親にお願いしなければならない書類ばかりなのです。



ビザを申請するにあたり、私が理解した範囲では、ビザ取得まで大きく3通りの申請方法があるようです。
申請方法は以下のとおり。


①日本の入国管理局にて。

在留資格認定証明書※1というものを取得する。
取得後、在仏日本大使館でビザを発給してもらう。

入国管理局側の審査に2ヶ月ほど要するらしいですが、在留資格認定証明書取得後、在仏日本大使館でのビザ発給は2,3日程度とのこと。


※1 在留資格認定証明書は、ビザを発給前に必要になる書類。フランスでフランス人と結婚し、長期滞在するためのビザと同じようなものと思います。



②ビザを持たず観光ビザで入国した場合。
①同様に、入国管理局にて、まず在留資格認定証明書を取得する。
のち、フランスへいったん戻り、在仏日本大使館にてビザを発給してもらう。


③在仏日本大使館で申請する。
在仏日本大使館のフランス語HPにある書類をすべて揃え、在仏日本大使館にて審査→ビザ発給。
所要期間2、3日~2週間以上。





最初メールで大使館の方に質問したときは、①の方法を進められて、
”やばい・・・もう時間ないやん!!”と焦ったのですが、
②の方法でやれるという情報を、どこかで聞いたことがあり、確認のために大使館へ電話し、
相談したところ、③の方法を教えていただきました。
よかった・・・(ホッ)



必要書類は、在仏日本大使館のHPを参照すると大体分かるのですが、
HPのフランス語バージョンのVisa d’époux de Japonais (« spouse or child of Japanese national »)というところを参照して書類を準備します。

私達は日本での仕事が決まっているわけではないので、日本の両親に身元保証人になってもらうようにお願いしました。



■■ビザ申請時に必要な書類
  ・ ビザ申請書(HPよりダウンロード)
  ・ 戸籍謄本
  ・ 証明写真
  ・ 住民票(私のものと思われる:移転届けだしてあるはず)
  ・ フランス人配偶者のモチベーションレター
 (身元保証として)
  ・ 保証人となる者の住民票
  ・ 源泉徴収表
  ・ 身元保証書※
  

    ※身元保証書のフォームは、外務省のHPの検索欄に”身元保証書”と検索したら、
      中国の方用の保証書がでてくるので、それを見本に作り上げる。






この書類を集めて、管轄の大使館へ日本人の配偶者が申請へ出向かなければなりません。
地方都市に住んでいる私としては、とっても面倒なんです。
しかも午前中に申請を済ませないといけない。
な~んて、久しぶりにパリにいけるのが楽しみだったりもする ♡♡♡グフフ
午前中に申請を終わらせて、午後はパリでぶらりとショッピングってわけです♪♪♪


完璧に資料がそろえば、2,3日でパパッとビザを発給できるらしいのですが、
そういう方はまれなそうで、出来上がるまでに2,3週間はかかると言われてます。

審査がスムーズにいくようにと、銀行残高証明やらその他モロモロの書類も必要なのか聞いてみましたが、審査してみないと人によって提出してもらわなければいけない書類が変わるそうなので、まずは上記の書類を急いで出してみなきゃいけないですね・・・
2週間でできますように・・・(祈)






こういう手続きをやり始めたら、一気に寂しい気持ちなりますね。
でも、それ以上に心の余裕がなくなってきました・・・(;・ิω・ิ)


ビザ申請、引越し、クリスマス(プレゼントとか~~)、日本帰国。
お正月を過ごし、家探し、そして新居へ引越し、家具買ったり、私の仕事探しして・・・




あぁ~~面倒くさ~~~っ!!(笑)

[PR]
# by yuka-rou | 2008-10-25 01:24 | 日本引越し準備

Le Mont St-Michel モン・サンミッシェルへ行ってみたい!


「 モン・サンミッシェルははずせないでしょ~!! 」




旅行を計画するにあたって、家族みんなに言われたことです。
も~ちろ~ん!だって世界遺産やしね!049.gif


というわけで、日曜日の朝ルーアンを発ち、モンサンミッシェルへ移動。
電車ルートはこんな感じ。


★出発: Rouen(ルーアン)
★乗り換え: Caen(カン)
★終点: Pontorson/Mont St Michel(ポントルソン・モンサンミッシェル)



電車移動は、4時間30分くらい・・・かかりましたね~~(長)。
電車なのにニオイにやられ酔ってしまい、ちょっとゲロゲロ状態で到着。

ポントルソンからは、モン・サンミッシェルまで定期的にバスが出ているのでとっても便利。
この日はホテルも何も予約してなかったので、モン・サンミッシェル手前のバス停で降りました。
すぐにホテルも見つかり、まだ日が暮れてなかったのでモンサンミッシェルまで散歩にでかけてみました。



海の香りがするほうにどんどん歩いていくと・・・


c0083041_7255097.jpg




モンサンミッシェルです!(笑)
ちょっと感動してしまって、一人で声あげてしまいました・・・汗

そして、私のカメラ、ズーム機能が壊れていて、上の写真のようにしか撮れなくて・・・
もうちょい・・・あともうちょい・・・と、どんどん歩いてみる・・・

私が出発したのは夕方5時くらい。
この時間でも、まだまだ散歩しながらモンサンミッシェルへ向かう人たちがたくさんいました。

c0083041_7264033.jpg

まだ小さいな・・・

c0083041_729681.jpg

ちょっとづつ潮が満ちてきてる様子。

c0083041_7341220.jpg

いいやん!この距離!(笑)



と、こんな感じでひたすら歩いた~(笑)
歩くこと30分でしょうか。
何キロあるんやろ!?
そして結局モン・サンミッシェル到着です~~035.gif

明日観光のはずだったのに!(笑)
でも、明日は大きなバックパックと一緒ですが・・・
(バックパックなしがどれだけ楽だろうか・・・汗汗汗)


c0083041_739633.jpg
夕暮れ時のモン・サンミッシェルは幻想的です



せっかく来たので上を目指す・・・目指すは頂上の修道院。
バッグがないので、上まで上るのはちょろいもんです♪

結局修道院まで登ったのですが、中の見学は6時までということで閉まっていました。
明日があるからいいっか♪







モン・サンミッシェルに来てちょっと残念なことがありました。
まだ満潮じゃなかったため、ちょっと水の部分!?が少なかったこと。
私のイメージでは、<海に浮いてる島>だったから・・・002.gif
すでに車の通る道があることもちょっと残念でしたが・・・


しかし、途中息を切らして(年は誤魔化せませんね・笑)階段を登っているときに、修道女の方が話しかけてくれて、彼女から、この日の満潮時刻を聞きました。
夜の8時が満潮だと言うことで、夜出直すか・・・

夜のモンサンミッシェル  More
[PR]
# by yuka-rou | 2008-10-24 08:23 | 一人旅フランス 2008

ROUEN ルーアンで仕事&Chambre d'hote体験
アルザスを後にして、次はROUEN(ルーアン)へ。
Creativaにお義母さんが出展していたので、お手伝いに駆けつけました!

c0083041_2192643.jpg

TGVでパリへ移動→パリから電車でルーアンへ。


あ・・・暑い・・・
夏日のように暑かったこの日。
暑さから逃れるために、早くバスを見つけて移動したいと思ってバスを探すも・・・
・・・ないじゃない!?Σ(゚Д゚ノ)ノェェ,,
駅からバスが出てるとか聞いてたんですけど、とんでもない・・・

駅に学生達がいたんで、彼らに質問。
”ここからじゃバスないね~地下鉄で○○までいかなきゃと思うんだけど・・・よくわからないです・・・”ってみんな曖昧な返事・・・ヽ(´Д`;)ノ
確かな行きかたを求めて、大きなバックパック+リュックサックを抱えて、歩きながらすれ違う人々に質問しまくりました・・・。

そしたら結局、町の中心からちょっと離れたところからしかバスがないと分かって、
もうどっぷり疲労困ぱい・・・(涙)
まだ歩かなきゃ!?・・・ヽ(´Д`;)ノ


私がいつもやること:
カテドラル目指してひたすら歩く(笑)
何の根拠もなしに、”あそこが絶対待ちの中心街のはず!”と疑いもせずに歩き続けました(笑)

c0083041_21352734.jpg

c0083041_21354299.jpg



綺麗な教会の横を通り、商店街らしき道へ出ると、
左手にカテドラル!そして右手には大時計が!!

疲れが癒された瞬間でした(笑)
ガイドブックで見た景色が目に飛び込み大興奮!
迷ったかいがあった♪ (!?)
予定外でしたが、ちょっと写真だけ撮りに行きました(笑)
私が迷っている間、お義母さん一人で働いてたんですけどね・・・(;・ิω・ิ)



と、なんとか迷いながらもカテドラルでおばちゃんにバスの乗り方聞いて、
無事にzenithへ着きました。

Chambre d'hoteで癒され体験 More
[PR]
# by yuka-rou | 2008-10-20 22:30 | 一人旅フランス 2008

ドキドキ国境超え体験
ふと思い立った行動、”ドイツまでいけるやん!”
観光案内所で、ドイツまでの行き方を聞いて、トラムとバスでドイツの国境まで・・・

c0083041_2154414.jpg


のはずが、かってにドイツ入り。
Jardin des deux Riveからドイツが見渡せるという話だったのだけど、
それを探しているうちに、ドイツに入ってしまった・・・

パスポートを持っていなくて、少々ドキドキでしたが、
歩いて税関を通過するも、誰もいなくてキョロキョロしながらひたすらドイツへ向けて歩く。

c0083041_21115853.jpg


何処からがドイツなのか全然わかっていなくて、ちょっと不安になり、
通りかかったおじちゃんに質問。
この川の半分から、ドイツらしい。

この端の上から、Jardin des deux Riveを確認。
あそこだったのか(笑)

日本は島国だから、経験できない国境超え。
こんなにすぐにこれるんだから、ドイツに侵略されたというのも理解できる。

c0083041_21162262.jpg

c0083041_21164286.jpg


面白いことに、国境からわずか10分程度しかあるいていないのに、
話されている言語はドイツ語!!
小さな商店があったので、そこへ行ってみたらドイツ語で挨拶されて
異国に来たと実感してワクワクした(笑)


いろんなところできいたとおり、並んでいる商品は全部フランスより安い!!
お菓子は0.40ユーロくらい安かった!

感激して、なんか買いたい衝動に駆られ、
フランスで買うとめっちゃ高い、エネルギードリンク”Red Bull”を試す。
きっとドイツは安いんだろうと思ったら、とんでもない・・・
フランスと変わらなかった・・・ Σ(゚Д゚ノ)ノェェ,, 笑  

2.2ユーロ近く払ったよ・・・小さい缶ジュースなのに・・・
高っ!!と思ったけど、言葉が話せないので、おとなしく購入した・・・
アホな私・・・・゚・(ノд`)・゚・。





バスをとりもっと町まで行こっかな・・・♪





パスポートなしだったので、国境越えたときからオロオロしっぱなしで、
そんな余裕もなく、30分程度の滞在で、バスをとり無事にフランス側へ戻りました。
(めっちゃ小心者・汗汗汗)
[PR]
# by yuka-rou | 2008-10-17 21:31 | 一人旅フランス 2008

初めての友達・・・ロレーヌ地方へ。

私は今までフランス人の友達がいませんでした。
・・・正確にいうと、女の子の友達です。

以前、ひょんなことから出会った、フランス人の友人がいましたが、男の子でした。
女の子ってなかなか友達になりにくいことないです?


仲良くしているフランス人女性っていったら、お義母さんやし、そして趣味クラブのマダム達、そして弟の彼女くらい。




「 もうフランス生活あと少しやし・・・フランス語で色んなこと話せる女の子の友達できたらいいな・・・ 」





そう思ったときに、出会ったAちゃん。
仕事でアルザスに行くと連絡したら、
”車で来れる距離だから、yukaを迎えに行くよ!”
といってくれてste Marie-aux-Minesまできてくれて、初対面を果たしました!
この夜は、Aちゃんの家に1泊させてもらいました。



c0083041_350096.jpg
右がAちゃんで、左が彼氏のS。

Aちゃんは、おっとりした家庭的なやさしい子。
Sは、めちゃめちゃオモロイおっちゃんかな(笑) >失礼やね!(笑)

彼らの家にお邪魔した初日は、私は二人に寿司を振舞いました!
米、寿司酢、巻きす、のり、味噌汁持参!


Sがいっつも変なことをいうのに対して、Aちゃんがオモロイ突込みをする・・・
夫婦漫才系カップル!
Sは私が日本人であることをしっているのに、なぜか”中国では・・・”と素で間違ってたので、
日本好きのAちゃんから、思いっきり怒られてました(笑)






彼らホントにいい人なんですよ・・・(嬉涙)
何から何まで私のことを考えてくれて・・・(涙)


次の日、本当は近くの駅からコルマールへ向けて出発する予定だったのですが、
”せっかくだし、ナンシーまで送ってあげようよ。そしたら観光もできるし!!”
と二人が私のために予定変更し、私の観光も兼ねてナンシーまで送ってくれました。

c0083041_3564834.jpg


c0083041_357888.jpg


まさかナンシー観光できるなんて思っていなかったので感激!!

スタニスラス広場ですよ!

キラキラっす!!





昨晩のようにスタニスラス広場で、3人で大はしゃぎ!
二人は、ロレーヌ人なのに、私よりも観光客してました(笑) 
めっちゃ写真撮ってたし!(笑) 

c0083041_43433.jpg

c0083041_44766.jpg


今回の旅では、ナンシーを通過するにもかかわらず、なぜかナンシーに立ち寄ろうとは
思ってなかったのです・・・。
でも、この綺麗な景色をみて、ナンシーまで連れてきてくれたSとAちゃんにほんとに感謝です。
落ち着いた町の感じがホントに素敵な町です。



あっという間に、私の電車の時間が来てしまい・・・
たった1泊しか出来なかったことを、本当に残念に思いました。
彼女も仕事だったし・・・

フランス生活最後の最後で、こんなにもいい友達ができたことは、
本当に幸運だなとおもいます。

電車に乗る前に、私のボキャブラリーを全部出し切って、感謝の気持ちを伝えました!
自分のこの気持ちがちゃんと伝わっているか不安ながらも・・・。

そしてAちゃんが”yukaと本当に出会えてよかった!本当にラッキー!”
と言ってくれて、ほんとうに嬉しかったです。
今度は日本で会うことを約束して、電車に乗り込みました。


c0083041_4142188.jpg


家を出る前に持たせてくれた、ルバーブのケーキ・・・
お昼のデザートに焼いてくれて、めっちゃおいしかったんで一人でとバクバク食べてたら、
電車のお供にって、箱いっぱいケーキを詰めてくれました。


心のこもったとーーってもおいしいケーキ・・・。
帰りの電車で食べつくしました!  (・ิω・ิ)/ マイウー ブヒッ
ホントにこんなおいしいパウンドケーキ初めて食べた!
中はフワフワ、外はサクサク!!


忘れんようにレシピきかなっ!!(笑)
[PR]
# by yuka-rou | 2008-10-17 04:35 | 一人旅フランス 2008


私も30代に突入。いろんなことを経験して新しい人生を送っています!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Bienvenue

少しでも楽しいブログになるようにと、たくさんの写真をのせていますが、このブログ全ての写真や文章の無断での転載はご遠慮ください。

もう一つ大事なお願いがあります。 これは一個人のプライベートなブログです。考えなどに相違があると思いますが、 その際、なにかコメントがある場合は、言葉を選んでマナーを守って書き込みをしていただけたらと思っています。





QuiltColor
Création de tissus teint à la main

..................................

フランス・ロワール地方からお届けするパッチワークのお店
QuiltColor
です。

コットン100%手染めの布をお届けしております。 布の他に、私たちオリジナルモデルのパッチワークキットやモデルも販売しています。

フランス語での注文となりますが、日本語で注文されたい方などいらっしゃいましたら、遠慮なくお問い合わせください。


Bienvenue chez
QuiltColor
Amusez-vous bien!
ここからどうぞ♪
**cliquez ici**




カテゴリ
他のブログ
お気に入りブログ
以前の記事
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧